メニュー
一覧

一般社団法人 新規事業・新規市場創出研究会

新規市場研究会

2020年「MaaS(Mobility as a Service)」×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深堀調査について

株式会社ESP総研(東京都港区、代表取締役:村岡 正悦)は、MaaS(Mobility as a Service)に関する調査レポート『2020年「MaaS(Mobility as a Service)」×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深堀調査』を発刊しました。これに伴い、当研究会では会員様へ特別価格でご提供をいたします。本レポートの詳しい内容等をお知りになりたい方は、研究会事務局へお問い合わせをお願いいたします。

 

【背景・目的】

 2020年がスタートして7ケ月半が過ぎたが、「MaaS (Mobility as a Service)」の用途探索・応用分野探索に対する期待値や注目度は今まで以上に高まっている。

 先端技術テーマや先端商品・サービスの用途・ターゲット探索であるが、当該法人企業(当該プレイヤー)、特に先端技術の応用・展開の可能性を追求するR&D部門や新規顧客開拓を行う営業部門、新市場開拓を模索するマーケティング部門から強く求められている。

 

 こうした中で、「MaaS (Mobility as a Service)」の新たなターゲッティング(用途・適用分野)について網羅的に調査&レポート化して欲しい!といった声が挙がっている。また、「MaaS (Mobility as a Service)」ビジネスを積極的に展開しようと計画しているベンダにとって、今後の販売・パートナーリング展開、ならびに新規市場・顧客開拓に役立つ(活用価値が高い)ような「MaaS (Mobility as a Service)」×ターゲッティング(用途・適用分野)について深堀調査&レポート化して欲しい!といった声も高まっている。

 

 こうした声を受けて、ESP総研では急速に調査ニーズが高まっている“2020年「MaaS (Mobility as a Service)」 ×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深掘調査 ” ~当該主要ベンダ(137社・団体)を中心に、「MaaS (Mobility as a Service)」 ×ターゲッティング(用途・適用分野)の網羅的な調査を実施、「MaaS (Mobility as a Service)」 ×ターゲッティング(用途・適用分野)の徹底探索≪合計380件の「MaaS (Mobility as a Service)」 ×ターゲッティング(用途・適用分野)を抽出・整理&コメント集計・グラフ化≫~”をレポート化することとなった。

 

 この調査報告書が「MaaS (Mobility as a Service)」 ×ターゲッティング(用途・適用分野)に着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

 

    一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会 事務局
     E-MAIL :info@emerging-market.or.jp