メニュー
一覧

一般社団法人 新規事業・新規市場創出研究会

新規市場研究会

ローカル5G”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ローカル5G”の進化による未来予測≪2020‐2040≫~未来絵 編~について

株式会社ESP総研(東京都港区、代表取締役:村岡 正悦)は、海外における「ローカル5G」に関する調査レポート『“ローカル5G”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ローカル5G”の進化による未来予測≪2020‐2040≫~未来絵 編~』を発刊しました。これに伴い、当研究会では会員様へ特別価格でご提供をいたします。本レポートの詳しい内容等をお知りになりたい方は、研究会事務局へお問い合わせをお願いいたします。

 

【背景・目的】

  “ローカル5G”を取り巻く環境は、今後20年でいったいどのように変わるのか?イノベーション(変革)ポイントをしっかり捉え、1シーン毎に直感的に分かりやすくイラスト(未来絵)化&未来予測して欲しい!こうしたリクエスト(声)を数多くの方々から頂いた。

 

 特に、 “ローカル5G” に着眼する当事者の方々ならびに“ローカル5G” に着眼する関連事業者の幅広い皆さまからである。

 

 今や「イノベーション(変革)」が各業界・分野毎に叫ばれている時代。その「イノベーション(変革)」によってどのような未来が創造されるのか?先端技術調査や業界キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像を可視化・イラスト化(未来絵 化)することが求められている。

 

 こうした声を受けて、『 “ローカル5G”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ローカル5G”の進化による未来予測≪2020‐2040≫~未来絵 編~』を発刊することとなった。

 

 「ローカル5G」分野を中心に徹底的に最先端技術調査を実施し、その中で、時間軸で見て「未来カットシーン」「最先端カットシーン」など、尖がっている「観点」については網羅的に全てを抽出した。

 

 重視した抽出条件は、「将来、“ローカル5G” に着眼する当事者などの研究開発に役立つかどうか?」「将来、“ローカル5G” に着眼する関連事業者にとって役立つかどうか?」「時間軸で見て、最先端 あるいは 近未来・遠未来のシーンかどうか?」「斬新さ(サプライズ)があるかどうか?」「観点の鋭さ=尖がっているかどうか?(サービス・製品・ソリューション開発や技術開発に役立つかどうか?)」「気づき・アイデア」となっているか?などである。これらのハードルをクリアした「観点」(ユニークで斬新な観点)は網羅的に全て抽出した。

 

 今回、ESP総研では総力を結集して“ローカル5G”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ローカル5G”の進化による未来予測≪2020‐2040≫~未来絵 編~を刊行するに至ったが、当該調査&未来絵制作を担当した 伊藤 伸隆 によれば、以下の調査&未来絵(イラスト化)制作 所感を述べているので、参考にして頂きたい。

 

ローカル5Gによる社会の変化についてであるが、ローカル5Gによって様々な業界において小規模単位で5G活用が進むことになるだろう。

 

ローカル5Gによって「農業」「スマートファクトリー」「産業」において「作業」や「センシング」の多くが自動化されるだろう。

 

「保守点検」「ビジネス」「エンターテイメント」における「大容量データの活用」「AR・VRの活用」が加速するだろう。

 

「ヘルスケア」「教育」においては、距離を問題とせずに幅広い活用が可能となるだろう。

 

「交通」「電力」「災害対策」などの都市開発における各企業、自治体による5Gの独自活動によって利便性と安全性が向上するだろう。

 

 今回の調査を通して「ローカル5G」は今後の社会を支えるキーテクノロジーになると強く感じた。

 

 皆さまからの強い期待とリクエストによって、“ローカル5G”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ローカル5G”の進化による未来予測≪2020‐2040≫~未来絵 編~をレポート化することとなったが、この調査報告書が「ローカル5G」に着眼する全ての皆様の研究開発(R&D)活動ならびにマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

 

    一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会 事務局
     E-MAIL :info@emerging-market.or.jp